事務所・店舗等から出る廃棄物について一般廃棄物か産業廃棄物か

事務所・店舗から出る不用品(廃棄物)は、材質により一般廃棄物と産業廃棄物とに分けられますが、なかなか細かくて解りづらいと思います。
品目により下記の通りに分けてみましたので参考にしてください。

事業系ごみ(一般廃棄物業者へ)

スーパーマーケットやコンビニ等で商品としていた弁当、菓子類、肉、野菜、魚介類、漬物など漬物など従業員等の飲食後の食品残渣(生ごみ)

店舗従業員の休憩室から出る生ごみ、紙ごみ、プラスチック製容器包装など

花や、造園業から発生する花、草木類

事務所から出る、茶がら、テッシュペーパー、お菓子の包装容器など

全て木でできた机や椅子、紙、段ボール

事業系ごみ(産業廃棄物業者へ)

項目 種類
PETボトル・プラスチック包装類 廃プラスチック類
発泡スチロール、PPバンド
合成繊維
廃プラスチック類
缶、傘の骨、金属パイプ等 金属くず、なべ、フライパン等
空きビン、陶磁器類 ガラスくず、陶磁器くず、乾電池
蛍光灯・電球、商品容器のビン、植木鉢 廃プラ・金属くず、ガラスくずの混合物
家電リサイクル品目 テレビ、冷蔵庫、洗濯機、・衣類乾燥機、エアコン、会議用テーブル、木製天板スチールデスク、事務用イス(プラスチック+金属の混合)、バッテリー、消火器、エンジンオイル、機械器具の潤滑油、飲食料の缶 ハサミ等の刃物、一斗缶

いかがですか、品目ごとに考えても結構たくさんあります、まだまだ一部ですので各市町村、産業廃棄物協会等利用して一般廃棄物業者か産業廃棄物業者か確認して適正に処分依頼をしましょう。

関連記事