ゴミ屋敷片付け

ゴミ屋敷とは

ゴミ屋敷とは、家全体もしくは部屋がゴミで埋まっている住居のことを指します。その住居に住んでいる人(居住者)に掃除の習慣が無い事によって発生します。居住者が自ら出すごみだけでなく、近隣のごみ集積所からごみを運び込んだり、リサイクル業を営んでいるとしてごみを溜め込んだりする方が多い。

最近では沖縄県でもゴミ屋敷問題が多くあり
  • 年齢による体力の衰えで掃除ができなくなった
  • 賃貸住居の居住人がゴミを溜め込み家主では対応できない
  • 近隣住民へ影響(悪臭・景観を損ねる)
などの相談が数多く寄せられます。

依頼者様はどこから手をつけたらいいか分からないという人も多いですし、その後の処分(ゴミの分別やゴミの配送等)大変だと考えています。

ゴミ屋敷片付け依頼を弊社に頼むの理由

  1. 立会い不要
  2. 沖縄県内であれば、掃除中への立会は不要です。行っていただくのは見積もりを行う際の現地への立会と、作業費の支払いのみでOK!なお、作業を手伝っていただければ、その分お安くすることも可能です。

  3. 即日対応OK!
  4. 日曜日は休日となりますが、対応は可能です。但し、ご依頼が被った場合は、先に予約されたお客様のご都合を優先させて頂きますので、ご了承下さい。すぐにご対応してほしい場合はまずはお電話ください。現地見積もりにご納得頂ければ、速やかに対応致します。お支払は回収終了後に現金でお支払い下さい。

  5. 秘密厳守
  6. ご依頼していただいたお客様の個人情報は完全秘密裏にいたします。もし現地に足を運びたくない(近隣住民とのトラブルのせいで)などの事情がありましたら、ご相談ください。できるだけお客様のご要望が通るように努力致します。

ゴミ屋敷でのトラブル

  1. 悪臭問題
  2. ほとんどの場合、生ゴミもそのまま放置するため、それが原因で悪臭を発するようになります。悪臭は夏場などに激しくなるため、近隣住民への被害が大いに予想されます。

  3. 害虫、害獣の問題
  4. 屋敷ゴミにはゴキブリやハエ、ネズミなどを発生させる原因になります。このような害虫・害獣は伝染病や食害なども引き起こすため、近隣住民の被害が懸念されます。

  5. 火災・崩落の危険
  6. 漏電や火の不始末などで起こる火災や、家の老朽化による崩落の危険性が出てきます。これらで近隣住民に二次被害が予想されます。

上記3点は予測されるおおまかなポイントですが、これらの被害で損害賠償をされる危険性は大いにあります。この被害はオーナー様にも及ぶ危険性だってあります。
ですので、ゴミ屋敷を確認しましたら、早期に対応するようにしましょう。

なお沖縄県でも行政処分などでゴミ屋敷を片付けることも可能であるが、ほとんど動かないことが現状だ。平成25年~平成28年の間で行われた沖縄県での行政処分の件数はわずか14件である。これは行政とのやり取りが大変なこともある。速やかな対応が必要な場合は、やはり弊社のような業者に依頼すべきである。