店舗改装・廃業に伴う回収

店舗改装・廃業に伴う不用品回収

店舗改装・廃業に伴う不用品回収とは、店舗の閉店や移転、リニューアルに伴う片付けや不用品回収のことを指します。

店舗を閉店する、移転する、リニューアルする、といった事情は沖縄地域でも多くあり、特に飲食店に関わるものが多いように感じます。

飲食店で例えれば、お店で使用していたカウンターやテーブル、椅子、ソファなどの大きな家具類、暖簾やパーテーション、さらには食器棚やその中の食器などの不用品が多く出てきます。

これらの店舗で使用されるものは、家で使われるものと違って大型のもが多く、また重さもあるため、なかなか素人では対応するのが大変であったりします。退去のための片付けや荷造りに時間をとられますし、退去するギリギリまで営業を続けたいというケースも多いため、素人で扱うとさらに困難になってきます。

沖縄地域であれば、弊社がまとめて迅速に対応致します。以下のポイントに一つでも該当するのでしたら、ぜひご相談ください。

  1. 店舗の退去日に間に合うように、きれいに片付けてもらいたい
  2. 店舗をリニューアルするので、不用品を回収して欲しい
  3. 自分で行った改装に伴う粗大ゴミや木片などを回収して欲しい
  4. 閉店(移転)に伴う、その期日までに原状回復工事をする手助けが欲しい

オフィス(事務所)の引越し処分の場合

会社の移転(倒産)の場合、例えば会社の仕切りとして使っていたパーテーションの処分や、デスク、椅子、パソコンなどオフィスならではのものがたくさんあります。コピー機をはじめファイルを整頓していた棚なども処分の対象になります。オフィスの中は当たり前に見慣れてしまってはいますが実は処分するものが多い場所でもあります。

特にパソコンやコピー機などは一般的なゴミ出しでは対応できません。それらをスムーズに対応できるのはプロの業者だからできるのです。

沖縄地域のオフィスに関する不用品回収もお考えの方は是非ご相談ください。